編集部からのお知らせ
記事まとめ集:コロナ禍に小売業はどう対応?
テレワーク関連記事一覧はこちら

キャッツ、EDAツール「XModelink SystemC Debugger」Eclipse対応版を出荷

ニューズフロント

2006-01-20 15:02

 組み込み系開発ツールのキャッツは1月20日、電子設計自動化(EDA)ツール「XModelink SystemC Debugger」をオープンソースのソフト開発環境Eclipseに対応させ、4月に出荷開始すると発表した。Eclipse対応版の税込み価格は、1ライセンス当たり102万9000円の予定。

 XModelink SystemC Debuggerの対応プラットフォームは、これまでWindowsに限られていた。今回Eclipseに対応したことで、Linuxなどでも利用できるようになった。さらに、構造図エントリー/コード自動生成ツール「XModelink SoC Modeler」と同一プラットフォーム上で強く連携することから、「より効率化された開発が可能になる」(同社)としている。

 同社では、初年度100ライセンスの販売を見込んでいる。また、1月26日から27日にパシフィコ横浜で開催されるEDSFair2006に、Eclipse対応版のベータ版を出展する。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]