編集部からのお知らせ
Pick up! ローコード開発の行方
「これからの企業IT」の記事はこちら

SAS、フォーチュン誌の「最も働きがいのある会社ベスト100」に9年連続で選出

CNET Japan Staff

2006-01-20 20:47

 SAS Instituteは1月11日、フォーチュン誌が毎年発表する「最も働きがいのある会社ベスト100(100 Best Companies to Work For)」に9年連続で選出されたことを発表した。

 今回のランキングでSASは、「子育て支援(child care)」の部門で1位。事業所にある託児所の費用が1カ月あたり300ドルで、対象企業中最低料金だった。「医療保険(health care)」と「仕事と私生活のバランス(work-life balance)」の部門のランキングでも選出されている。

 なお、過去9回のランクイン中、SASは10位以内に6回入っているが、今回は30位。それでもソフトウェア企業としては最も高い順位で、IT関連ではQualcommが23位、Cisco Systemsが25位、Network Applianceが27位と、ハードウェア企画・製造業が上位となっている。ソフトウェアでは、Microsoftが42位でIntuitが43位。日本になじみやすい企業文化を持ち、日本法人従業員の満足度が高いと言われているIntelは97位にランクインした。

 評価対象は466社。Great Place to Work Institute(働きがいのある会社研究所)によって編纂された。ランキングでは、各企業の戦略と文化の評価、そして従業員の意見の2点が基準とされ、信頼性(従業員とのコミュニケーション)、従業員の尊重(機会と福利厚生)、公正さ(報酬、多様性)、プライド/仲間意識(社会貢献など)の4分野について採点されている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    社員の生産性を約2倍まで向上、注目の企業事例から学ぶDX成功のポイント

  2. コミュニケーション

    真の顧客理解でCX向上を実現、いまさら聞けない「データドリブンマーケティング」入門

  3. クラウドコンピューティング

    家庭向けIoT製品の普及とともに拡大するセキュリティとプライバシー問題─解決策を知ろう

  4. クラウドコンピューティング

    クラウドの障害対策を徹底解説!4つの方法とメリット、デメリット

  5. セキュリティ

    サイバー犯罪の標的となるMicrosoft製品、2019年に悪用された脆弱性リストからの考察

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]