IBM、メインフレーム用プロセッサ「zIIP」を発表--データベース処理速度を向上

文:Stephen Shankland(CNET News.com)
翻訳校正:河部恭紀(編集部) 2006年01月27日 16時12分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 IBMは米国時間26日、特殊用途向けプロセッサを12万5000ドルで発表した。このプロセッサは、データベースソフト「DB2」を稼働する同社最上位メインフレームサーバ製品で性能を向上することを目的としている。

 このモジュールは、「System z9 Integrated Information Processor(zIIP)」と呼ばれ、メインフレーム上のオペレーティングシステム「z/OS」で使われることで、データベースを使った一部作業で処理速度を向上する。IBMでzSeries製品ディレクターを務めるCollette Martinは、同プロセッサにより、特にSAPなどの業務ソフトウェアが主に処理するタスクで性能が向上するとインタビューで語った。

 「大きな起爆剤となるだろう」(Martin)

 zIIPは、高額だが強力なメインフレーム製品の価値を維持するため、IBMがとった最新の動きである。メインフレーム製品は、絶滅の危機に瀕していると以前は考えられていたが、IBMが瀬戸際でよみがえらせている。ただし、メインフレームには、Unixサーバという強敵が存在する。Unixサーバは、メインフレームでしか実現できなかったハイエンドな機能を着実に装備し、ますます強力になってきている。

 IBMは、自社のメインフレーム用にハードウェアアクセレレータ2種類を12万5000ドルですでに提供している。その1つである「Integrated Facility for Linux(IFL)」は2000年に発表され、Linuxの稼働速度を向上する。もう1つの「zSeries Application Assist Processor(zAAP)」は2004年に登場し、Javaプログラムの実行速度を向上させる。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

連載

CIO
研究現場から見たAI
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
内製化とユーザー体験の関係
米ZDNet編集長Larryの独り言
今週の明言
「プロジェクトマネジメント」の解き方
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
セキュリティ
セキュリティの論点
ネットワークセキュリティ
スペシャル
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
CSIRT座談会--バンダイナムコや大成建設、DeNAに聞く
創造的破壊を--次世代SIer座談会
企業決算を追う
「SD-WAN」の現在
展望2017
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
PTC LiveWorx
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
さとうなおきの「週刊Azureなう」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
中国ビジネス四方山話
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
実践ビッグデータ
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化