編集部からのお知らせ
スタート直前の5Gをチェック!
PickUp! オンラインストレージの進化と課題

American Express、グローバルIT基盤構築にSunの「Java ES」を採用

CNET Japan Staff

2006-01-31 19:01

 Sun Microsystemsは1月25日、American ExpressがグローバルIT基盤を支える新しい基幹統合ソフトウェア環境のプロバイダーとしてSunを選んだことを発表した。

 この契約に基づきAmerican Expressは、Sunの「Sun Java Enterprise System(Java ES)」のライセンスサブスクリプションとサービス、サポートを購入するとともに、統合ソフトウェア環境のプラットフォームとして「Solaris」オペレーティングシステムを採用する予定。その結果、Java ESのサブスクリプション数は100万件を超えるという。

 American Expressでは、Java ESをポータルアプリケーションやID管理サービスの強化など、各種プロジェクトに活用する予定。アプリケーションやサービスの安全で迅速な開発/運用など、各種の企業活動に使用されている。

 同社は、Java ESを採用することで、ライセンスコストをひとつにまとめることができ、インテグレーション費用も低減するほか、分散アプリケーション、アイデンティティ管理サービス、Webサービスなどの機能と柔軟に連携することができるとしている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]