編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

KLabセキュリティ、パソコン内の個人情報をスキャンする「P-Pointer」新版

WebBCN (BCN)

2006-02-09 13:56

 KLabセキュリティ(利根川治社長)は、パソコンから個人情報を含むファイルを探し出すソフト「P-Pointer」の新版「P-Pointer3.0」を2月14日に発売する。価格は、旧バージョンと同じで、管理サーバーのライセンスが31万5000円、クライアントライセンスが10ユーザー10万5000円、50ユーザー36万7500円など。

 「P-Pointer」は、地名や人名、メールアドレス、電話番号などの個人情報を含むファイルを探索し、個人情報の「現状把握」や削除が可能な個人情報スキャナ。WordやExcel、PowerPoint、Access、PDFなどのファイルや、ZIP、LZH、TARなどの圧縮ファイル、電子メールに対応する。また、個人情報ファイルをクライアントマシンに保存しないなどのセキュリティポリシーが守られているかのチェックにも利用できる。

 最新版では、「従業員のセキュリティ意識向上」を支援するため、使いやすさと管理のしやすさを中心に強化。各クライアント端末へのインストールを不要にし、専用サーバーでなくても導入できるようにした。さらに、既存ユーザーからとくに要望の多かった「スキャンの残り時間の表示」や「スキャンの一時停止と再開(レジューム機能)」などにも新たに対応し、使い勝手の改善を図った。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]