編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

日立ソフト、ファイアウォールやプロキシサーバ用のレポーティングソフトを発売

ニューズフロント

2006-02-07 22:32

 日立ソフトウェアエンジニアリングは2月7日、ファイアウォールやプロキシサーバの稼働状況をレポートするソフト「NetInsight II Security Reporting Center V3.0」および「NetInsight II Firewall Suite V5.0」の販売を開始した。前者が複数管理者向けの製品であるのに対し、後者は単一管理者向けとする。

 両ソフトは、2005年9月に米NetIQから開発権と改変権、販売権を取得した「Security Reporting Center」「Firewall Suite」をベースに、日立ソフトが機能改善と追加を行い、NetInsight IIシリーズとして販売する製品。ファイアウォールやプロキシサーバが生成するログ情報を分析し、HTML、Word、Excel、PDF形式の視覚的なレポートを管理者に提供する。

 具体的には、帯域管理、セキュリティイベント、URLアクセス分析、フィルタ機能、プロトコル別分析、自動レポートスケジュール、カレンダーベースレポート(NetInsight II Security Reporting Centerのみ)といった機能を備える。レポートが視覚化されることから、「管理者に負担をかけることなく、ネットワークの状況をリアルタイムに把握することが可能」(日立ソフト)。対応OSは、Windows XP SP2とWindows Server 2003 SP1となる。

 監視対象のファイアウォール、VPN、プロキシサーバ1台当たりの税込み価格は、55万6500円。初年度および次年度以降の保守費用は11万4450円だ。日立ソフトでは、初年度で1000ライセンスの販売を見込んでいる。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]