編集部からのお知らせ
新型コロナ禍が組み替えるシステム
テレワーク関連記事一覧はこちら

UDB LINUXジャパン、メールアーカイブおまかせパックを提供開始

CNET Japan Staff

2006-02-10 01:20

 ユーディービィー・リナックス・ジャパン(UDB LINUXジャパン)は2月9日、日本アイ・ビー・エム(日本IBM)およびサイバーソリューションズと協力し、企業向けメールアーカイブソリューションパッケージ「メールアーカイブおまかせパック」の提供を同日より開始すると発表した。

 メールアーカイブおまかせパックは、あらかじめ必要なハードウェアとソフトウェア、構築サービスを組み合わせたパッケージとして提供されるもの。パッケージの中心となるアーカイブソフトウェア「MailBase」は、「Lotus Notes/Domino」をサポートし、企業内外で送受信されるすべてのメールデータをアーカイブ。情報漏洩が発生した際には保存してあるメールデータを瞬時に検索することができる。

 また、平常時にはメールデータのバックアップと高速検索システムとして利用できる。さらに、ネットワークベースでデータ共有を実現できるので、IBMのNAS製品「IBM System Storage Nシリーズ」のデータ改ざん防止機能「SnapLock」と連携し、アーカイブされた過去メールの消去や上書きを一切不可能にすることもできる。

 50ユーザーの場合で基本パックが880万円より、改ざん防止パックが1180万円より。1000ユーザーの場合、基本パックが1200万円より、改ざん防止パックが1300万円よりとなる。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]