編集部からのお知らせ
コロナ禍とIT投資
「ニューノーマルとIT」新着記事一覧

ロジカルテック、USBキーを使ったコピープロテクタ、ソフト開発企業向けに

WebBCN (BCN)

2006-02-13 12:06

 ロジカルテック(田村留嘉社長)は、ソフト開発企業向けに、USBキーを使ったコピープロテクタ「LOCK STAR−PK(ロックスター ピーケー)」を3月中旬に発売する。

 「パッケージソフトを複数のPCにインストールできるが、同時に使用できるユーザー数を制限する」という方法で、ソフトウェアの不正使用を防止するもの。独自の暗号ロジックを使用し、関数でソフトの暗号化・復号化ができ、プロテクト処理後は、専用のUSBキーを接続しなければソフトが起動しない。既存の「EXE」「DLL」「OCX」といったファイルに直接ロックをかけ、ファイル実行中もUSBキーの接続状態をチェックするプログラムも備えており、起動後も定期的にUSBキーの有無をチェックし、ソフトウェアのライセンス管理を厳密に行う。

 最新バージョンの「LOCK STAR−PK」では、専用のドライバが不要になり、PCに挿すだけで使用できるようになった。また、環境に配慮し、ハードウェアを鉛フリー化した。

 価格はオープン。実勢価格はUSBキー100本で3000円程度を想定している。直販のほか、商社などの販売代理店経由でも販売する。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]