インテル、4コア搭載プロセッサの詳細を発表

文:Michael Kanellos(CNET News.com)
編集校正:坂和敏(編集部) 2006年02月13日 12時07分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 デュアルコアチップの優位性が薄れるなかで、Intelは来年登場する4コア搭載プロセッサを初めて披露した。

 この「Clovertown」は、今年後半にコンピュータメーカー各社への出荷が開始され、市場には2007年初頭に登場する。Clovertownはデュアルプロセッサ搭載サーバ用となるため、これらのサーバは、本質的には8プロセッササーバ(4コアX2プロセッサ)となる。

 さらに同社は、既に発表済みの「Tigerton」と呼ばれるバージョンも同時期に投入する。Tigertonは、4基以上のプロセッサを搭載するサーバ用となる予定だ。

 Intelにとって、チップのコア数を増やすことは今後数年間における最大のテーマだと、同社CTO(最高技術責任者)のJustin Rattnerは述べている。同社では、2010年までに数十個のコアを搭載したチップも実現可能であり、また10年後には数百個のコアを搭載したチップを投入することも理論上は可能だと、同氏は付け加えた。

 Rattnerは、2基のClovertownプロセッサを搭載したマシンを公開した。

 コアの数が増えれば、明らかなメリットが得られる。その1つは、これまでと同等の処理能力を維持しながら、チップ全体の消費電力を削減できる点だ。Intelは先ごろノートPC用としてCore Duoプロセッサを公開したが、もしこのチップにコアが1つしかないとしたら、同等の処理能力を持たせるために、PCに2基のチップを搭載しなくてはならず、消費電力が大幅に増加しまうと、同氏は説明した。

 また、マルチコアプロセッサでは、データ経路の数が少なくて済むことから、処理性能も向上できる。

 「コアからコアへの移動はナノ秒単位で完了する。そのため、複数のコアを同一チップ上に配置すれば、利用可能な帯域幅が自動的に改善する」(Rattner)

 なお、Advanced Micro Devices(AMD)でも、2007年に4コア搭載チップを投入することになっている。

 しかし、コアの追加は慎重に行う必要がある。電力効率やデータ入出力、メモリ待ち時間(メモリとプロセッサ間のデータ移動時間)が、コアを増やすごとに大きな問題になってくるからだ。

 Intelは、これらの問題の一部を回避するために、回路設計やチップのアーキテクチャに関する研究をこれまでも続けてきたが、今後もこれらの研究を継続していく。さらに同社は、アプリケーション開発者との協力を進めることで、チップのアーキテクチャを最適化する手法も探っている。

 Intelは、サーバ用アプリケーションを開発するある企業と協力しながら、自社が今後投入するチップのアーキテクチャの1つに、3つの小規模な変更を加える必要があると判断した。変更以前は、このアプリケーションがシミュレーションでうまく動作するのは16コアのチップまでで、それ以上コアの数が増えると処理能力が低下し始めたという。しかし、この変更を行ったことで、コアの数が16を超えても、アプリケーションの性能が上がり続けることになったと、Rattnerは述べている。「コアの数が32を超えてもきちんとスケールする」(Rattner)

 チップの設計に関するもう1つの変更点は「Through Silicon Vias」(以下、TSV)の採用だ。TSVでは、各プロセッサやメモリチップ同士が上下に重ねられ、微少なワイヤで直接接続される。現在のチップはバス経由で接続されているが、このバスがボトルネックとなってデータ転送に遅延が生じる場合がある。IntelはTSVを採用することで、コア数の増加に伴う問題に対応していく。

 ClovertownとTigertonはいずれも、Intelが今年末に投入する新しいチップアーキテクチャを採用したものになる。また、それとほぼ同時期に、同じアーキテクチャを採用するノートPC用チップ「Merom」とデスクトップ用チップ「Conroe」も登場することになっている。Intelは3月に開催する「Intel Developer Forum」でこの新しいアーキテクチャの正式名称を発表することにしている。

 Rattnerによると、MeromとConroeはそれぞれデュアルコアのモデルだけになるという。これは多くのアナリストの予想通りだ。

 「クライアントマシン用チップでのコア数の増加は、サーバ用チップの場合よりもゆっくりとしたペースで進むことになるだろう」とRattnerは述べ、さらに新しいチップアーキテクチャは「デュアルコアおよびマルチコア(アーキテクチャ)を意図したものだ」と付け加えた。

 TigertonとClovertownのパッケージに含まれるCPUの数について、Rattnerは1つになるか、あるいは2つになるのかについてを明らかにしなかった。

 Intelは、ほぼ同時期にサーバ用デュアルコアプロセッサ「Woodcrest」を発売予定だが、このアーキテクチャもMerom、Conroe、Tigerton、Clovertownのそれと同じものであることから、TigertonとClovertownも1つのパッケージに2つのCPUが含まれる可能性のほうが高い。Woodcrestは2コアモデルだけが用意されるが、このチップの消費電力は80ワットと、現在Intelが販売しているサーバ用チップ(165ワット)よりもかなり少なくなる。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 【3/31まで早期割引受付中!】「IBM Watson Summit 2017」開催

    日本IBMが主催する最大の国内総合イベント。テクノロジー・リーダーの疑問を紐解く「企業IT、セキュリティー、モバイル、データ解析などの進化を探る」詳細はこちらから!

連載

CIO
研究現場から見たAI
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
内製化とユーザー体験の関係
米ZDNet編集長Larryの独り言
今週の明言
「プロジェクトマネジメント」の解き方
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
セキュリティ
セキュリティの論点
ネットワークセキュリティ
スペシャル
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
CSIRT座談会--バンダイナムコや大成建設、DeNAに聞く
創造的破壊を--次世代SIer座談会
企業決算を追う
「SD-WAN」の現在
展望2017
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
PTC LiveWorx
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
さとうなおきの「週刊Azureなう」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
中国ビジネス四方山話
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
実践ビッグデータ
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化