編集部からのお知らせ
「半導体動向」記事まとめ
「リスキリング」に関する記事まとめ

改めて評価されるべき時を迎えたStarSuite:オープン時代のオフィスソフト(2) - (page 2)

柴田克己(編集部)

2006-02-16 18:01

「オープン」で先行するStarSuite

 MS Officeのオルタナティブとしての役割を明確に打ち出しているStarSuiteだが、あらゆる面での「オープン化」が進む現在の情報環境においては、先行している面も多い。

 例えば、StarSuiteは、Windowsだけでなく、Solaris、Linux上でも動作する。さらに、OpenOffice.orgから派生したMac OS X版も存在する。Solarisを擁するサンにとって、クロスプラットフォームで互換性の高いオフィスソフトは、戦略上重要な意味を持つ。同社では、Solarisをベースとしたシンクライアントソリューションである「Sun Ray」を推進しているが、高松氏によれば、Sun Rayの導入ユーザーの中にも、バンドルされていた旧バージョンのStarSuiteを8へアップデートしたいという要望が多いという。

 また、MS Office 12で新たに搭載される「PDF」の書き出し機能については、StarSuiteではより早期に実現されていた。Impressでは、プレゼンテーションのFlash形式での書き出しにも対応している。

 そして、StarSuite 8の標準ファイルフォーマットである「OpenDocument for Office Applications」(ODF)は、OASIS(Organization for the Advancement of Structured Information Standards)により標準化されたものであり、すでにISOへの提出が行われている。サン以外にも、IBMやノベルといったベンダーがODFを支持しており、海外のいくつかの政府や公共機関などからも支持を集めている。2005年9月に、米国マサチューセッツ州が公式文書のフォーマットをODFとする方針を発表し、話題を呼んだのも記憶に新しい。

 政治的な背景はもとより、標準化されたオープンなファイルフォーマットがもたらす技術的なメリットは大きい。長い将来にわたって、ドキュメントの可視性が保たれることに加え、アプリケーションによって作られたデータを、ODFをサポートするあらゆるシステムで容易に再利用することが可能になる。例えば、IBMは同社のクライアント製品である「Workplace」の最新版でODFをサポートするほか、ジャストシステムのワープロソフトである「一太郎」も今夏にODFの入出力に対応することを明らかにしている。

 マイクロソフトが、Office 12で採用するXMLベースのファイルフォーマットである「Microsoft Office Open XML」をECMA Internationalに提出し、標準化の作業を進めている背景には、日に日に大きくなる、オフィス文書フォーマットのオープン化を求める声に応えるという側面もあるだろう。

 サンも、こうしたマイクロソフトの動きには注目している。「StarSuiteとしては、これまでもMS Office 2003のXML形式の読み書きに対応し、互換性の向上を目指してきた。今後も、マイクロソフトのサポートするXMLに対応していくという方向性に変更はない」(石村氏)

 今後、ODFとOffice Open XMLの関係がどのようなものになるかについては予断を許さないが、あらゆるオフィス文書のファイルフォーマットがオープンな標準ベースのものとなっていくことは間違いない。

 MS Officeの低コストな「オルタナティブ」として進化を続けてきたStarSuiteは、オープン化の流れの中で、それ自身、改めて評価を受けるべき時機を迎えたと言えそうだ。

サン・マイクロシステムズ、東京ソフトウェア本部製品開発統括部技術シニアアドバイザリーの石村直之氏(左)と、プロダクトマーケティング本部シニア・プロダクトスペシャリストの高松新吾氏

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

関連記事

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 開発

    なぜ、コンテナー技術を使うことで、ビジネスチャンスを逃さないアプリ開発が可能になるのか?

  2. セキュリティ

    2022年、セキュリティトレンドと最新テクノロジーについて、リーダーが知っておくべきこと

  3. ビジネスアプリケーション

    全国1,800人のアンケートから見えてきた、日本企業におけるデータ活用の現実と課題に迫る

  4. 運用管理

    データドリブン企業への変革を支える4要素と「AI・データ活用の民主化」に欠かせないテクノロジー

  5. 経営

    テレワーク化が浮き彫りにしたリソース管理の重要性、JALのPCセットアップを支えたソフトウエア

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]