編集部からのお知らせ
新着記事まとめ:アジャイル開発が支えるDX
新しい働き方の関連記事はこちら

トレンドマイクロ、リコーと提携しウイルスバスターをASP提供

ニューズフロント

2006-02-20 17:28

 トレンドマイクロとリコーは2月20日、中小事業所向けのセキュリティ事業で業務提携することに合意したと発表した。2月28日より、トレンドマイクロの法人向け総合セキュリティ製品「ウイルスバスターコーポレートエディション」の機能を、リコーの総合ITサービス「ITKeeper」の一部としてASP提供する。

 企業がトレンドマイクロ製品を自社で導入する場合と比べ、専用サーバなどを設置する必要がなく、ライセンスやソフトウェアバージョンの管理に手間がかからないため、低コストで運用できるという。

 サービス名は「マネージドウイルスバスター」。リコー子会社の職員が顧客企業のもとに出向き、パソコンに専用クライアントソフトをインストール。各種設定作業を行う。同ソフトにより、不正プログラムの駆除/復旧、スパイウェア対策、パーソナルファイアウォールといった総合的なセキュリティ機能を提供する。

 その後はリコーの監視センターが、クライアントソフトをインストールしたパソコンと連携。パターンファイルの更新を行うほか、24時間体制の保守サービスを提供する。障害が発生した際には顧客企業へ通知し、電話やメールによる対応を行う。

 料金はクライアントソフト5ライセンスを導入する場合で、1ライセンスあたり年間1万3000円。トレンドマイクロとリコーでは、2年間で15万ライセンスの販売を目指す。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]