編集部からのお知らせ
Topic 本人認証の重要性
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード

BEA、Kodoの中核部分をオープンソース化

CNET Japan Staff

2006-02-21 07:48

 BEA Systemsは2月14日、同社のJavaパーシスタンスエンジンである「BEA Kodo」の中核部分を「Open JPA」の名称でオープンソースソフトウェアとして提供すると発表した。BEAは2005年11月に、SolarMetricの買収によりKodoを取得した。

 Open JPAは、Enterprise JavaBeans 3.0(EJB 3)仕様のJava Persistence Application Program Interfaces(APIs)仕様(プリファイナル版)に準拠して実装されたソフトウェア。

 EJB 3.0のドラフト仕様では、リレーショナルデータベースにおけるメモリ内オブジェクトの永続化に重点が置かれており、たとえばオンラインショッピングのカートや航空会社のチケット予約の中身のような非常駐オブジェクトを、永続的に保持、抽出したい場合に有効な機能となる。

 またユーザーは、Open JPAをBEAのWorkshop Studio開発ツールと組み合わせることで、BEAからのサポートを受けることができる。Open JPAは2006年上半期に公開される予定。BEA Kodoは2月14日から評価目的でダウンロードできる。有償版の購入も可能だ。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    なぜ、2021年にすべてのマーケターが「行動経済学」を学ばねばならないのか?

  2. セキュリティ

    SIEMとEDRが担うべき正しい役割とは?企業のセキュリティ部門が認識しておくべき適切なツールの条件

  3. クラウドコンピューティング

    デザインシンキングによるAIと課題のマッチング!現場視点による真のデジタル改善実現へ

  4. 経営

    なぜ成長企業の経営者はバックオフィス効率化に取り組むのか?生産性を高めるための重要な仕組み

  5. 仮想化

    Microsoft 365を利用する企業が見逃す広大なホワイトスペースとは?

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]