インテンシアジャパン、ERP最新版で新規顧客20社獲得を目指す

藤本京子(編集部) 2006年02月21日 18時03分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 インテンシアジャパンは2月21日、JavaベースのERP製品の最新版「Intentia Application Suite 5.2」(IAS5.2)を発表した。中堅企業をターゲットとし、同日より販売、出荷開始する。

 IAS5.2は、カスタマーリレーションシップマネジメント(CRM)をはじめ、エンタープライズマネジメント、サプライヤーリレーションシップマネジメント、サプライチェーンマネジメント、業績管理、ワークプレース管理、バリューチェーンコラボレーション、システム基盤およびツールといったアプリケーション群で構成されるスイート製品だ。ユーザーは、必要なアプリケーションを選んで購入できる。

 今回のバージョンで改善された点として、各国固有の機能が導入の際に即時に提供できることがある。例えば、日本特有の月締請求対応において、締日に出荷される商品の請求書を自動的に次月分に回すなどの機能が追加された。

 また、EセールスやE調達、ユーザーインターフェース構築ツールなどが、IBMのWebSphereに対応した。これにより、「サプライチェーンが効率化および自動化され、TCOの削減が可能になる」と、インテンシアジャパンのJohan Kullenberg氏は話す。

 Kullenberg氏は、「海外製のERP製品と聞くと、導入に時間がかかるのではないか、日本固有の機能に対応していないのではないか、特定の技術に偏っているのではないかといった声もあるが、インテンシアの製品はこうした不安点を解決したものだ」と述べている。

インテンシアジャパン社長のKamal Sharma氏。「新規顧客20社獲得の自信はある」と強気だ。

 同社の製品は、主にファッション業界や製造業、設備保全管理、食品業界などに特化している。特定の業界にフォーカスすることの利点について、インテンシアジャパン 社長のKamal Sharma氏は、「担当者が業界ならではの専門知識を持っているため、顧客に的確なサポートが提供できる」と述べている。また、業界に特化したテンプレートも用意しているため、「迅速な導入が可能だ」と言う。

 IAS5.2が主なターゲットとしている中堅企業については、「世界的にはもちろん、特に日本で成長している市場だ」とSharma氏。同氏は、中堅企業がERP製品の導入に対してあまり積極的でないという点を認めた上で、「インテンシアではビジネス全体の70〜80%が中堅企業によるものであり、この分野での経験が豊富で対応方法もわかっている」と述べ、大手ERPベンダーよりもこの市場において有利だと主張した。

 現在インテンシアジャパンの顧客数は70社程度だが、今回発表した製品により、「新規顧客を20社獲得する」(Sharma氏)としている。

 IAS5.2は、受注管理や生産管理など、主要な製品を集めた場合のライセンス料が100ユーザー分で約2900万円となっている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
研究現場から見たAI
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
内製化とユーザー体験の関係
米ZDNet編集長Larryの独り言
今週の明言
「プロジェクトマネジメント」の解き方
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
セキュリティ
セキュリティの論点
ネットワークセキュリティ
スペシャル
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
CSIRT座談会--バンダイナムコや大成建設、DeNAに聞く
創造的破壊を--次世代SIer座談会
企業決算を追う
「SD-WAN」の現在
展望2017
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
PTC LiveWorx
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
さとうなおきの「週刊Azureなう」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
中国ビジネス四方山話
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
実践ビッグデータ
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化