編集部からのお知らせ
新着記事まとめ:アジャイル開発が支えるDX
新しい働き方の関連記事はこちら

ネットケア、IPコンタクトセンター統合サービス提供で日本HP、シスコと協業

ニューズフロント

2006-02-22 14:38

 ネットケアは2月22日、VoIP対応IPコンタクトセンターのインテグレーションサービスを2006年4月に提供開始すると発表した。ネットケアは、自社のコンタクトセンターにシスコシステムズの「Cisco IP Contact Center Enterprise Edition(IPCC)」を導入し、日本ヒューレット・パッカード(日本HP)も含め、3社が協業してサービスを提供する。

 ネットケアは、コンタクトセンターやネットワークの運用アウトソーシング事業を展開するインターネットイニシアティブ(IIJ)グループの企業。コンタクトセンターをIP化するメリットについて、ネットケアは、(1)設備コストとメンテナンスコストの削減、(2)迅速な拠点展開、(3)人員配置の最適化という3点を挙げている。

 今回の協業で、ネットケアの豊富な経験、日本HPのコンピュータ電話統合(CTI)分野向け製品、シスコのIP電話対応コンタクトセンター向け製品を組み合わせ、「IPコンタクトセンターの導入、設計、構築から運用まで、一貫したインテグレーションサービスを提供する」(ネットケア)。ネットケアでは、顧客向けアウトソーシングサービスを強化し、同サービスで2006年度に2億円、今後5年間で合計10億円の案件受注を目指す。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]