編集部からのお知らせ
新着記事まとめ:アジャイル開発が支えるDX
新しい働き方の関連記事はこちら

松下、ネット関連4事業会社をパナソニック ネットワークサービシズに統合

目黒譲二

2006-02-23 19:55

 松下電器産業は2月22日、eネット事業本部傘下の100%子会社4社を4月1日付けで合併し、同日付けで「パナソニック ネットワークサービシズ」として新たに発足させると発表した。

 今回合併するのは、パナソニック ネットワークサービシズ(PNS)、ハイホー ブロードバンドシステムズ(BBS)、パナソニック デジタルネットワークサーブ(PDN)、ホームインターゲートの4社。PNSはインターネット接続事業hi-ho(ハイホー)や法人向けインターネットソリューション(IS)事業など、BBSはネット家電向けシステム開発・運用など、PDNはコンテンツ管理システムの開発や運用支援を担当してきた。

 今回の4社合併により、各社が蓄積してきたインターネット関連分野における経営資源・事業ノウハウを統合し、インターネット接続事業をベースとしながら、今後成長が期待されているネット家電サービスなど新サービスの事業基盤の確立とIS事業のさらなる強化を目指す。なお、旧会社の製品・サービスは、新会社にて引き続き担当する。

 また、hi-hoは2月23日より、トップページで提供しているパーソナルな情報エリア「MY hi-ho」の表示設定項目を増やし、カスタマイズ機能を拡充するなどのリニューアルを行った。リニューアルを記念して、抽選でPanasonicの液晶テレビ等をプレゼントするキャンペーンを実施する。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. windows-server

    伝説の「ひとり情シス」が解説、5つのステップで実現できる“ミニ仮想環境”構築 指南書

  2. コミュニケーション

    在宅勤務・テレワークで効果を発揮! SB C&Sが明かすTeams活用事例

  3. 運用管理

    3つの業界それぞれの「バックアップ」に関する課題と解決方法をわかりやすくマンガで解説

  4. 運用管理

    3層構造のITでは、なぜDXが進まないのか--ある中堅製造業はいかにDXの第一歩をスタートさせたか?

  5. 仮想化

    なぜ多くの企業が仮想デスクトップへの移行を急いでいるのか?その理由と最適なDaaSを知る

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]