編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

住商情報システム、リッチクライアント言語「Curl」の導入サービス

ニューズフロント

2006-02-27 20:05

 住商情報システムは2月27日、ウェブアプリケーション開発言語「Curl」の導入サービス「リッチクライアント環境構築サービス」を3月1日より開始すると発表した。

 Curlは、クライアント側のパソコンなどが主要な実行環境を持つことで、サーバ側の負荷を小さくするリッチクライアント言語。クライアント数の増加により、アプリケーション・サーバの強化を迫られているASPサービス事業者に向くという。

 新サービスでは、すでに稼動中のウェブアプリケーションを、Curlベースのシステムに移行する。アプリケーションサーバ側の負荷を軽減するとともに、クライアント側のレスポンスを大幅に改善するという。住商情報システムはこれまで、銀行向けの口座統合システムなどにCurlを導入した実績があり、サービス提供にあたっては、それらの技術およびノウハウを利用する。

 料金は、Curlのライセンス使用料が150万円(クライアント数無制限)。システム移行サービスの費用が500万円から。Curl関連のコンサルティング、教育サービスも提供し、2006年度でASPサービス事業者10社への導入を目指す。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]