編集部からのお知らせ
新着記事まとめ:アジャイル開発が支えるDX
新しい働き方の関連記事はこちら

日立、1UサイズでRAID5構成が可能なサーバ「HA8000/110W 1wayモデル」を発売

ニューズフロント

2006-02-28 16:27

 日立製作所は2月28日、1UサイズでRAID5構成ハードディスクの選択が可能なサーバ「HA8000/110W 1wayモデル」の販売を開始した。3月1日に出荷を始める。

 HA8000/110W 1wayモデルは、1Uサイズのラックマウント型サーバ。最大250Gバイトのハードディスクを3台搭載し、ハードディスクの障害時にもデータ消失を防ぐRAID5構成が選択できる。ハードディスクはホットプラグ対応で、システム稼働中も交換が可能。プロセッサは、デュアルコアのインテルPentium D 840か、インテルPentium 4 670/650/630のいずれか。

 サーバ管理インターフェース仕様IPMI1.5に準拠したハード管理モジュールを標準搭載し、これまでソフトによるハード管理機能では取得できなかったプロセッサ非作動時のエラー検知やログ記録が可能となり、信頼性が高まった。また、運用管理や保守に関する遠隔操作機能を強化した。OSの稼働状態にかかわらず遠隔操作を実施でき、I/Oデバイスを遠隔地のサーバから仮想的に利用する機能も提供する。これにより、遠隔地に分散されたサーバの管理や保守を一元化し、管理工数の低減や効率的な運用、保守を実現する。

 税込み価格は、RAID5モデルが41万7900円から、RAID1モデルが38万1150円から、ディスクモデルが33万4950円からとなる。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]