編集部からのお知らせ
新着記事まとめ:アジャイル開発が支えるDX
新しい働き方の関連記事はこちら

日本オラクル、Microsoft ExcelでOracle DBを活用できる「KeySQL Release 6.0」を発表

CNET Japan Staff

2006-03-02 08:01

 日本オラクルは3月1日、表計算ソフト「Microsoft Excel」と連携して情報活用を実現するデータベースツールの最新バージョン「KeySQL Release 6.0」の提供を、2006年3月末より開始することを発表した。

 KeySQLは、発売から12年で累計100万本以上を出荷した実績を持つツール。SQL文を意識することなくOracle Database上のデータを容易に検索し、Excelのワークシートに取り込み、加工および更新することができる。

 最新バージョンでは、ユーザーの作成や削除、変更などの管理に加え、グループを作成し、参照可能なビューやマクロを設定することができる管理者向けの統合管理ツール「KeySQL Administrator」が搭載されたほか、共有設定されたKeySQLマクロを利用するための機能、KeySQLおよびExcelにより容易にピボット分析が可能な機能などが搭載されている。

 価格は、KeySQL Release 6.0(検索・更新版)の1 Named User Plusが税込み5万5650円、KeySQL Release 6.0(検索版)の1 Named User Plusが税込み3万4650円。動作環境は、Oracle 9i Database Release 2(9.2.0)、Oracle Database 10g Release 1(10.1.0)、Oracle Database 10g Release 2(10.2.0)となる。

 なお、KeySQL Release 6.0は、3月1日〜3月3日の期間に開催される「Oracle OpenWorld Tokyo 2006」のデモグラウンドに展示される。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]