ソリトンとアマノ、PCセキュリティシステムと就業・入室情報システムを連携

WebBCN (BCN)

2006-03-06 11:28

 ソリトンシステムズ(ソリトン、鎌田信夫社長)とアマノ(春田薫社長)は、ソリトンのPCセキュリティシステム「SmartOn NEO(スマートオンネオ)V2.4」とアマノの就業・入室情報システム「AGX100」シリーズを連携し、ICカード認証を利用したPCセキュリティソリューションを開発、出荷を開始した。

 開発したのは、ソリトンのセキュリティシステムの「パソコンログオン認証機能」をアマノの就業情報システムと連携するターミナル「AGX100AS」と入室情報システムと連携したターミナル「AGX100FS」。それぞれICカードによる正しい出勤操作や入室操作を行わないと、PCのログオンを拒否する。

 「就業情報システム」では、出退勤と就業時間数把握の適正化やサービス残業の防止、「入室情報システム」では、共連れなどの不正入室者によるPCへのログオンや室外でのPCへのログオンを防止できる。入室情報システムでは入室履歴と連動することで、「なりすまし」による不正入室もチェックできる。2システムともサーバーを使わず単体での運用が可能。

 税別価格は、就業情報ターミナル「AGX100AS」、入室情報ターミナル「AGX100FS」ともに27万円。今後、アマノでは、ソリューションに対応する就業・入室情報ターミナルの対応を拡大していく。一方、ソリトンは、「SmartOn NEO」の次期バージョン「SmartOn V1.6」でもアマノの「就業・入室情報システム」が連動できるようにすることで、顧客層の拡大を図る。また販売活動では相互支援を行っていく。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]