編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

ウイングアーク、多次元高速集計検索エンジン「Dr.Sum EA」の最新版を発売

目黒譲二

2006-03-09 18:51

 ウイングアークテクノロジーズは3月9日、多次元高速集計検索エンジン「Dr.Sum EA」の最新版「Dr.Sum EA ver.2.4」の発売を開始した。

 Dr.Sum EAは、企業に蓄積されるデータを部門間だけでなく全社規模で活用する環境を提供する多次元高速集計検索エンジン。

 製品ラインアップは従来のCPU数による販売体系から同時実行数、データ容量によるライセンスモデルに変更し、「Dr.Sum EA Advanced」と「Dr.Sum EA Enterprise」に加えて、新たに「Dr.Sum EA Premium」を提供する。データ容量はDr.Sum EA Advancedが2000万件まで、Dr.Sum EA Premiumが2000万件から1億件、Dr.Sum EA Enterpriseが1億件以上で、価格はそれぞれ210万円、262万5000円、840万円からとなっている。

 Dr.Sum EA PremiumとDr.Sum EA EnterpriseはインテルEM64Tに対応し、Windows Server 2003 R2 x64bit Edition上で、従来の製品と比較して1.2倍〜1.5倍の高速データ処理が可能となった。特にDr.Sum EA Premiumは、1台のサーバでテーブルごとにデータを分けて作業するマルチビューにより大規模データボリュームを高速処理可能だ。さらに、更新データを自動的にインポートするマルチビューインポート機能により、運用管理作業を大幅に軽減できるとしている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    コスト削減&拡張性も、堅牢なセキュリティ&規制も同時に手に入れる方法、教えます

  2. 経営

    サブスクビジネスのカギはCX! ITIL準拠のツールをこう使え

  3. クラウドコンピューティング

    “偽クラウド”のERP使っていませんか?多くの企業のITリーダーの生の声から学ぶ

  4. クラウドコンピューティング

    RPA本格展開のカギは?「RPA導入実態調査レポート」が示す活用の道筋

  5. セキュリティ

    RPA導入時に見落とされがちな“エンタープライズレベルのセキュリティ”を紐解く

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]