編集部からのお知らせ
新着記事まとめ:アジャイル開発が支えるDX
新しい働き方の関連記事はこちら

マイクロソフト、小売サービス業界向け「Windows Embedded for Point of Service」新版を発表

CNET Japan Staff

2006-03-10 03:21

 Microsoftは3月8日、小売業に特化して提供されるソフトウェアプラットフォーム「Windows Embedded for Point of Service version 1.1(WEPOS V1.1)」の提供をグローバルで開始すると発表した。

 WEPOSは、RFIDタグ読み取り装置や生体特徴認識装置などをサポートし、既存の周辺装置の有効活用して低コスト導入できることが特長。Virgin MegaStores(米国)、Hollywood Video(米国)、Brown Shoe(米国)、NorgesGruppen(ノルウェー)、Charles Vogele(ドイツ)、De Bijenkorf(オランダ)といった小売り企業がすでに採用した実績を持つ。

 新バージョンとなるWEPOS V1.1では、小売業向け周辺装置の標準であるUPOS(UnifiedPOS)の最新バージョン1.9のサポート、硬貨支払機、施錠装置、磁気インク文字読取装置(MICR:Magnetic Ink Character Recognition)、POS電源供給装置、計量装置、署名認識装置、トーンインジケータ(音によってシステムの状況や操作状況を知らせるための装置)といった周辺装置のサポート機能が搭載されている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]