編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

早大と筑波大とエルミック、新しいOSアーキテクチャー開発を共同で着手

WebBCN (BCN)

2006-03-14 11:52

 早稲田大学(白井克彦総長)の理工学部中島研究室と筑波大学(岩崎洋一学 長)の大学院追川研究室、エルミック・ウェスコム(村島一彌社長)は、組み 込みシステムのセキュリティと信頼性強化を実現する新しいOSアーキテクチャー の開発プロジェクトに共同で着手すると発表した。

 プロジェクトが開発するアーキテクチャーは、マイクロカーネル上に仮想化 したLinuxとITRONを実装しており、システムの強化すると同時に開発工数の短 縮も期待できる。仕様は3者が協力して策定し、プログラムの開発はエルミッ クが行う。

 具体的には、1つのCPUマイクロカーネルを実装し、その上で仮想化したOSを 複数動作させるプログラムを開発する。この構造では複数の実行環境がそれぞ れ独立して動作するため、アプリケーションやリソースをOSごとに分離するこ とが可能となる。そのため、外部からの攻撃だけでなく、内部で発生した不具 合に対しても強く、OSごとに効率的な資源管理が可能なシステムを構築できる。

 また、過去に各OS上で作成したアプリケーションやドライバなどのソフトウ エア資産の有効活用や開発効率の向上が可能で、異なるCPUへの移植も簡単に 行える。ほかにもマルチコアプロセッサーなどの複数CPUへの移植も簡単に行 えるため、負荷に応じてCPUの性能と構成に柔軟に対応できる。

 プロジェクトは07年3月を終了する予定。終了後はプログラムのソースコー ドを公開し、オープンソースソフトとして幅広く普及することを目指す。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]