編集部からのお知らせ
スタート直前の5Gをチェック!
PickUp! オンラインストレージの進化と課題

ソフィア・クレイドル、BREW用XMLパーサ「pself」とWebサービス対応サンプルアプリ

ニューズフロント

2006-03-15 14:18

 ソフィア・クレイドルは3月15日、BREW用のXMLパーサ「pself」を発表した。同社はpselfを用い、Webサービスにアクセス可能なサンプルBREWアプリケーション「携帯電話Web 2.0サンプルアプリ」を開発した。

 pselfは、携帯電話向けアプリケーションプラットフォームのBREW上で利用可能な携帯電話向けXMLパーサ。軽量かつ高機能が特徴という。文書構造を定義する仕様であるDTDとXML Schemaのほか、DOMおよびSAXにも対応している。

 ソフィア・クレイドルのBREW向けC++オブジェクト指向開発環境「SophiaFramework」と組み合わせると、C++によるプログラミングが可能となり、「コーディング量を3分の1以下に減らせる」と説明する。マイクロソフトのC++言語用XMLパーサの仕様「Microsoft XML Core Services(MSXML)4.0」を参考に実装したため、開発者はWebサービスを実現するBREWアプリケーションをスムーズに開発できるという。

 携帯電話Web 2.0サンプルアプリは、Amazon.comの提供しているWebサービスを利用し、商品情報を取得するBREWアプリケーションだ。携帯電話のカメラで書籍に付いているISBNバーコードを認識してAmazon.comのウェブサーバに送信し、返ってきたXML形式の商品情報を解析して表示する。

 ソフィア・クレイドルは、京都市で開催中の第5回ケータイ国際フォーラム展示会に、携帯電話Web 2.0サンプルアプリを出展している。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]