編集部からのお知らせ
新着記事まとめ:アジャイル開発が支えるDX
新しい働き方の関連記事はこちら

テイルバックなど3社、データ改ざんストレージサービスを発表

CNET Japan Staff

2006-03-16 07:25

 テイルバック、日本ネットワーク・アプライアンス、ユーディービー・リナックス・ジャパンの3社は3月15日、日本版SOX法の施行を視野に入れたデータ改ざん防止を可能にするストレージサービス「GrowServerエンタープライズサービス」で提携し、テイルバックが同サービスを3月20日より提供すると発表した。

 今回提供を開始するのはその第1弾となる「ファイルサーバサービス」。従業員300人程度までの企業を対象とし、各種法令規制に対応するための課題を解決する。コンプライアンスのための厳格なデータ管理に対応できる環境として、仮想化技術を活用し短納期でサーバとストレージ環境を包括的にテイルバックが提供する。

 今後は、サービスをメールアーカイブや会計システムに拡大し、ネットワーク全体を見据えたより包括的なサービスを提供する予定だ。月額料金は21万円から。2008年までに、160社への販売を目指す。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]