ISS、プログラムの挙動からマルウェアを検出する統合セキュリティ装置

ニューズフロント

2006-03-17 14:23

 インターネットセキュリティシステムズ(ISS)は3月17日、プログラムの挙動からマルウェアを検出する機能「Virus Prevention System(VPS)」を、統合セキュリティ装置「Proventia M」に搭載したと発表した。

 VPSは、プログラム自体の振る舞いを判断することで、有害なプログラムを検出するプログラムビヘイビア解析技術の一種だ。シグネチャを参照してウイルスなどを検知するアンチウイルスソフトと異なり、未知のウイルスであっても検出、駆除できる。

 Proventia Mは、OS内に安全な仮想環境を構成し、その内部で危険と思われるプログラムを実際に実行することで、挙動を解析する。現在約800種類弱の「感染トリック」を搭載しており、「アップデートすることなく、ほとんどのウイルスやワーム、マルウェアに対応できる」(ISS)。

 今後、ISSでは、VPS機能をほかの製品にも順次搭載するとしている。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. ビジネスアプリケーション

    きちんと理解できていますか?いまさら聞けないインボイス制度の教科書

  3. 経営

    ヒヤリハット管理--トラブル防止のデジタル化でもたらされるメリットとは?具体的なイメージを紹介

  4. セキュリティ

    マンガでわかる―Webサイトからの情報搾取を狙うサイバー攻撃「SQLインジェクション」、どう防ぐ?

  5. セキュリティ

    緊急事態発生時にセキュリティを維持するための8つの戦略と危機管理計画チェックリスト

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]