インテル、おしゃれブランドFURLAとコラボで女心をくすぐるPCバッグ

藤本京子(編集部) 2006年03月23日 18時37分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「PCバッグには、味気ないサラリーマン向けのものしかない」--そう考えていた女性に朗報だ。インテルとフルラジャパンは3月23日、女性を対象としたPCバッグ「Classic」を共同で企画、制作したと発表した。同日よりFURLA青山本店をはじめとするFURLA直営ショップおよび百貨店内のFURLAショップにて販売開始する。販売個数は限定500個で、価格は3万7800円。

 インテル 代表取締役共同社長の吉田和正氏は、「インテルは技術会社だが、その技術がどう使われるか、どうすればインテルの製品でライフスタイルをより楽しいものにできるかを常に考えている。今回ファッションリーダーのフルラと協業に至ったのは、フルラが製品を販売するだけでなく、女性の生活環境を向上させる方法を常に考えている企業だったからだ。こうした企業理念はインテルと共通するところがある」と話す。

共同開発したバッグを持つインテル社長の吉田氏(左)と、フルラジャパン社長のBettari氏

 また吉田氏は、「PCはどんどん進化し、外出先でノートPCを使う機会が増えているにもかかわらず、PCユーザーの半数を占める女性に向けたPCバッグが存在しなかった。インテルCentrinoのブランドプロミスの中には、ワイヤレス機能やパフォーマンスなどの技術的な部分と共に、スタイリッシュであることも含まれている」と述べ、ファッションブランドとして確立した地位のあるフルラとの提携の意義を説明した。

 フルラジャパン 代表取締役社長のAlessandra Bettari氏も、「インテルとフルラは全く別の業界にいるが、同じようなことを考えていた。今回のPCバッグの企画が出た時にも、お互いぜひ一緒にやろうという気持ちが一致した」と述べ、両社が共通の理念を持っていたことを強調した。

 ClassicはA4サイズのノートPCが収まる大きさで、衝撃を緩和するために5mmのウレタン素材が使われている。バッグは肩からかけることができ、荷物の多い女性が使いやすい大きさと、小物入れのポケットなどが取り付けられている。素材はナイロンおよびナッパで、重さは約900g。色はオフホワイトとブラックが用意されている。

 両社はClassicの共同プロモーションも実施している。FURLA青山本店では、共同プロモーションの一環として、ショーウィンドウ全面にPCバッグとCentrino搭載のノートPC、さらにはインテルの65nmウエハまでが展示されていた。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
IT部門の苦悩
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算