Samba 4のテクノロジープレビュー第2版が公開に

文:Renai LeMay(Special to CNET News.com)
翻訳校正:尾本香里(編集部)

2006-03-24 15:59

 次期Sambaの2回目のテスト版が公開された。同版では、多数のバグが修正されたほか、さまざまな機能の改善が図られている。

 Sambaは、UnixやLinuxシステムにおいて、Windowsのファイルサーバやプリントサーバ機能を提供するオープンソースソフトウェアだ。

 Samba開発者のJelmer Vernooij氏は米国時間3月23日、「Samba 4の2回めのテクノロジープレビューをアップロードしたところだ」と、同プレビュー版のアップデートを発表した電子メールで述べた。Microsoftの「Active Directory」ID管理ソフトウェアをエミュレートする機能が搭載されたSamba 4の最初のプレビュー版は1月に発表された。

 VernooijによるとSamba 4の2回めのテスト版を公開した目的は「ユーザーや管理者、開発者に開発の進展状況を評価してもらい、フィードバックやサポートを得ることだ」という。

 開発チームは、内部APIやコードの質を改善するなど、最初のテスト版に80カ所以上の修正を加えた。

 しかし、開発チームは現段階では、同ソフトウェアが実際の業務での利用には適していないと警告している。「現段階でプロダクションサーバをSamba 3からSamba 4にアップグレードすることは推奨できない。試験用サーバをアップグレードするにしても、設定内容とデータをすべてバックアップしておくべきである・・・Samba 4のテクノロジープレビュー版の動きはまだ安定していない」とリリースノートで述べている。

 アップグレードされたSambaソフトウェアはこちらからダウンロードできる。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. セキュリティ

    企業のDX推進を支えるセキュリティ・ゼロトラスト移行への現実解「ゼロトラスト・エッジ」戦略とは

  3. 経営

    2023年データとテクノロジーはどう変わるか 分析プラットフォームベンダーが明かす予測と企業戦略

  4. セキュリティ

    リモートワークで浮き彫りとなった「従来型VPN」、課題解決とゼロトラスト移行を実現する最適解

  5. セキュリティ

    第2世代EDRはココが違う 「自動化」でエンドポイントセキュリティの運用負荷・コストを削減

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]