編集部からのお知らせ
Topic 本人認証の重要性
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード

「BRMSはナレッジワーカーに革命をもたらす」とアイログのCEO

末岡洋子

2006-03-24 22:27

 ILOGは3月21日、フランス・パリにある同社の本社でプレスイベントを開催、Javaベースのビジネスルール管理システム(BRMS)製品の次期バージョン「ILOG JRules 6.0」の概要を説明した。最新版では、ビジネス担当者とIT担当者の作業環境を完全に分離し、「妥協のないBRMS」を実現する。そこで、ILOG JRules 6.0の最新版の機能、およびBRMSの現在について、ILOG担当者の説明を中心に紹介する。

BRMSとBPMでナレッジワーカーに産業革命を

 ILOGの創業にも関わった最高経営責任者(CEO)のPierre Haren氏は、BPM(ビジネスプロセス管理)とBRMSを、「ナレッジワーカーの産業革命を実現するもの」と言う。ナレッジワーカーの大きなタスクを細分化して自動化する“アセンブルライン”がBPMで、それを動かすエンジンにあたるものをBPRMと例えている。

ILOG CEOのPierre Haren氏。

 数年前より、世界的にITアウトソーシングのトレンドが指摘されているが、インターネットによりタスクレベルで簡単にアウトソーシングできるようになる。これにより、「これまでにない速度と規模でITシステム構築を実現する革命が起こるだろう」というのがHaren氏の理論だ。

 BPRMのメリットは、自動化だけではない。ビジネスルールを柔軟に作成、変更、管理できることは、柔軟なITシステムも実現する。実際、同社の顧客であるeBayは、信頼性のあるネットワークを実現するため、2000台のサーバをルールにのみ基づいて運行し、1日平均1000万件のトランザクションを処理している。

 もうひとつの重要なメリットが法規制遵守だ。ビジネスルールの監査も容易になることから、米国の企業改革法「Sarbanes-Oxley(SOX)法」などの規制や社内ポリシー遵守管理も容易になる。

ビジネスとITの完全分業を実現する最新版

 ビジネスルールは、「もし〜ならば、…をする」というような条件文を集めたものだ。通常、このようなビジネスルールは業務アプリケーションに組み込まれていることが多く、変更は容易ではなかった。ILOGの提唱するBRMSでは、ビジネスルールをアプリケーションとは切り離してリポジトリに格納するというアプローチをとる。これにより、ビジネス担当者はIT部門の手を借りることなくビジネスルールの作成や変更を容易に行えるようになる。

 ILOGは、1997年に初のJavaのルールエンジンとして「JRules 1.0」をリリースし、2000年にはビジネスユーザー向けにもツールを提供するバージョン4.0をリリースした。2003年にルールリポジトリを持つバージョン4.0をリリースして以降、BRMS実現を意識して製品改良を続けてきた。2005年にリリースしたバージョン5.0では、ビジネスルール実行/プロダクション環境を提供、2006年初めのバージョン5.1.2では、テストシミュレーションツールを導入している。

 ILOGが22日にリリースした最新版の「ILOG JRules 6.0」は、これらのすべてを統合するいわばBRPMの完全版。最新版は、ビジネス担当者がIT担当者の手を借りることなく、容易にビジネスルールを作成、変更、管理するウェブベースのツールである「Rule Care」、IT担当者向けのEclipseプラグインを持つ開発支援の「Rule Tech」と、ビジネス担当者とIT担当者がそれぞれの作業環境を持つ。

 ILOGのビジネスルール製品管理担当ディレクター、Colleen McClintock氏は、「これまでにないレベルで分離した」と述べる。複数のビジネスルールサイクルを同時に扱うことも可能だ。それだけでなく、Rule CoreとRule Techを協調させる「FullCircle BRM」では同期化機能を提供、ばらばらに作業してもルールの変更をきちんと同期できる。ILOGでは、このような同期化機能は業界初としており、最新版の最大の特長といえる。

 JRules 6.0のモジュールとしては、ビジネスルールの作成、変更などを行う「Rule Team Server」、ルールの実行をつかさどる「Rule Execution Server」、Java開発環境の「Rule Studio」、そしてルールのシュミレーションなどを行う「Rule Scenario Manager」の4つで構成される。

 ビジネスルールは複数のアプリケーションにまたがって実装されることが多く、矛盾があったり、一貫性を欠くものであってはならない。しかも、今日の企業は数多くのビジネスルールを持つ。そういったことから、4つ目のシュミレーションツールは重要となりそうだ。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    なぜ、2021年にすべてのマーケターが「行動経済学」を学ばねばならないのか?

  2. セキュリティ

    SIEMとEDRが担うべき正しい役割とは?企業のセキュリティ部門が認識しておくべき適切なツールの条件

  3. クラウドコンピューティング

    デザインシンキングによるAIと課題のマッチング!現場視点による真のデジタル改善実現へ

  4. 経営

    なぜ成長企業の経営者はバックオフィス効率化に取り組むのか?生産性を高めるための重要な仕組み

  5. 仮想化

    Microsoft 365を利用する企業が見逃す広大なホワイトスペースとは?

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]