インテルがブラジル向けベンチャーファンドを設立

文:Michael Kanellos(CNET News.com)
翻訳校正:佐藤卓、長谷睦 2006年03月30日 09時52分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 半導体メーカーIntelの戦略的投資プログラムであるIntel Capitalは、ブラジルの新興企業に対して5000万ドルを投資するベンチャーファンドを設立した。これは新興国における事業拡大を続けるIntelの取り組みの中で、最新の動きと位置づけられる。

 投資先企業は多岐にわたる予定だが、特にWiMAXなどのワイヤレス技術に取り組む新興企業を対象にすると、Intelの広報担当者は語った。Intelは既に、Digitron、TelecomNet、Certsignをはじめとするブラジルの新興企業13社に対して約3500万ドルを投資している。従って、Intelのブラジルへの投資総額は、新ファンドを合わせておよそ8500万ドルに達する。今週、Intelの最高経営責任者(CEO)であるPaul Otellini氏はブラジルに滞在し、一連の会合に出席している。

 ブラジルは、ロシア、インド、中国とともに「BRIC」と呼ばれる。この4カ国は、今後数十年の間に地域市場およびハイテク産業の中心地として、世界でも最も急速な成長を遂げると期待されている。しかし、IBMのある幹部の指摘によると、このうちブラジルとロシアの2カ国は、地元のハイテク産業の成長を妨げる犯罪や政治不安などの問題を抱えている点で、インドおよび中国と大きく異なっているという。

 Intelは長年にわたり、ベンチャー資金による新興市場の活性化を企業戦略としてきた。Intelの会長を務めるCraig Barrett氏は2005年、サウジアラビアのリヤドを突然訪問し、中東向けに5000万ドルの投資ファンドを設立すると発表した。また、同社はロシア、インド、中国向けのファンドも設立している。

 過去数年間で、Intelは世界でも有数のベンチャー投資企業として頭角を現している。同社の投資は金銭的利益を求めてのものだが、ベンチャーファンドに関しては、新製品の開発を支援し、最終的には新型コンピュータなど、Intel製の半導体チップを搭載する製品に対する需要を促進するのが主な目的だ。Intelでは、大規模な汎用ファンドだけでなく、投資対象を限定したファンドも複数設立している。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
トランザクションの今昔物語
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
展望2017
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算