編集部からのお知らせ
記事まとめ集:コロナ禍に小売業はどう対応?
テレワーク関連記事一覧はこちら

沖電気、コミュニケーションツール「eおと」「eえいぞう」を携帯電話市場に投入

ニューズフロント

2006-03-30 19:09

 沖電気工業は3月30日、既存電話網のIPネットワーク化などに向けたVoIP技術「eおと」と、映像処理技術「eえいぞう」のソフトウェアエンジンを同日より販売開始すると発表した。まずはACCESSとの合弁会社OKI ACCESSテクノロジーズと共同で、携帯電話市場に投入する。

 「eおと」はIPネットワーク上で高品質の音声通信を行う。ITUをはじめ各種標準化団体の定めた音声符号化方式に対応。携帯電話機をはじめ、固定IP電話機、パソコン、PDA用通話ソフトなどのさまざまなプラットフォームに組み込める。

 「eえいぞう」は、IPネットワークを介した高画質の映像データ伝送、再生に対応する。「MPEG-4」「H.264」などの映像符号化方式に準拠。テレビ通話機能付きの携帯電話機のほか、セットトップボックス(STB)やネットワークカメラ、IP対応テレビといった製品への組み込みに向ける。

 沖電気では、これらのソフトウェアエンジンを、OKI ACCESSテクノロジーズが開発した携帯電話ネットワーク向けマルチメディアサービス(IMS)技術などと連携。商品化するという。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]