編集部からのお知らせ
「半導体動向」記事まとめ
「リスキリング」に関する記事まとめ

日立、最大容量215.2テラバイトの中規模ディスクアレイ「SANRISE AMS1000」

ニューズフロント

2006-04-04 15:02

 日立製作所は4月4日、中規模環境向けディスクアレイサブシステム製品系列「SANRISE Adaptable Modular Storage」の最上位モデル「SANRISE AMS1000」と、SANRISEシリーズ専用のバックアップ装置「SANRISE TF800」を発表した。いずれも、4月5日に販売、出荷を開始する。

 SANRISE AMS1000は、異なる業務のデータを集約することによる業務間の性能干渉やリソース使用率低下を回避するため、キャッシュパーティション機能を強化した。その結果、最大32パーティションまで拡張可能となった。単一ストレージ内でSAN、NAS、iSCSIというマルチインターフェース構成に対応しており、用途や特性が異なるデータが混在する業務環境でもストレージを集約、統合できる。

 記憶容量500GバイトのシリアルATAハードディスク(HDD)を新たに利用可能とし、4Gbpsファイバチャネル対応HDDとの混載にも対応した。総記憶容量は、従来モデルの1.3倍に相当する215.2テラバイトまで拡張可能。ディスクアレイコントローラの内部転送能力についても、約2倍に高速化した。

 また、中規模環境向けの非同期リモートコピー機能「TrueCopy Extended Distance」を備える。これにより、データの一貫性を保証しつつ、コピー元の業務性能への影響を極小化しながら、長距離コピーを実現し、「災害や障害に対応するシンプルでローコストなディザスタリカバリシステムを構築する」(日立)。リモートコピー処理は、更新差分データだけを転送するので、回線コスト削減が可能だ。日立は、内蔵HDD間でオンライン中にデータマイグレーションを実施する機能の提供も予定している。

 一方のSANRISE TF800は、SANRISEシリーズに直接接続し、サーバシステムに依存しないバックアップシステムを構築できる。非圧縮時の記憶容量は、6.4テラバイトから25.6テラバイト。論理ボリューム単位のフルバックアップ方式だと、1テラバイトを約55分でバックアップする。日立では「従来製品に比べ3倍の高速バックアップが可能で、サーバを経由しないためスピーディな復旧処理を実現する」としている。

 両製品の税込み価格は以下のとおり。

  • SANRISE AdaptableModular Storage 1000:1190万9100円から
  • SANRISE TF800:1038万4500円から

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 開発

    なぜ、コンテナー技術を使うことで、ビジネスチャンスを逃さないアプリ開発が可能になるのか?

  2. セキュリティ

    2022年、セキュリティトレンドと最新テクノロジーについて、リーダーが知っておくべきこと

  3. ビジネスアプリケーション

    全国1,800人のアンケートから見えてきた、日本企業におけるデータ活用の現実と課題に迫る

  4. 運用管理

    データドリブン企業への変革を支える4要素と「AI・データ活用の民主化」に欠かせないテクノロジー

  5. 経営

    テレワーク化が浮き彫りにしたリソース管理の重要性、JALのPCセットアップを支えたソフトウエア

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]