岐阜大学、インターネット授業のプラットフォームにMacromedia Breezeを採用

柴田克己(編集部) 2006年04月07日 12時49分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 アドビシステムズ(アドビ)は4月4日、国立大学法人岐阜大学が推進している遠隔教育プログラムにおいて、インターネット型遠隔授業のプラットフォームとして「Macromedia Breeze」が採用されたと発表した。

 岐阜大学では、1997年に遠隔授業での単位取得が可能になったことを受け、遠隔教育推進の一環としてテレビ会議システムを用いたサテライト型授業を展開。2003年度(平成15年度)からは、さらなる学修機会の拡大を目的として、インターネットを利用した遠隔教育システムを併用している。

 Macromedia Breezeは、アドビ(旧マクロメディア)のFlash技術を用いて、eラーニングやウェブ会議などを実現できるサーバシステム。岐阜大学では、大学院教育研究科における「働きながら学ぶ現職教師の遠隔大学院」のインターネット型授業のプラットフォームとしてBreezeを採用し、現在はカリキュラム開発専修の修士論文指導ゼミで利用している。

Breezeを利用したインターネット授業のイメージ。画面左上にライブカメラによる映像が表示されており、画面右のプレゼンテーションスライドを進めながら授業を進める。
Breezeを利用したインターネット授業のイメージ。画面左上にライブカメラによる映像が表示されており、画面右のプレゼンテーションスライドを進めながら授業を進める。

岐阜大学、総合情報メディアセンター教授の加藤直樹氏

 岐阜大学、総合情報メディアセンター教授の加藤直樹氏は、Breeze採用の理由として「ライブでの授業や録画した授業のオンデマンド配信などを、統合されたシステム上で実現できる」点を挙げた。そのほか、学生側で必要な環境はFlashプレイヤーが導入されたウェブブラウザのみである点、PowerPointで作成したプレゼンテーションを容易に配信できる点、ビデオ会議を実現しつつも多くのネットワークポートを開ける必要がない点などがメリットであるという。

 岐阜大学では現在、本年後半に公開が予定されている講義コンテンツの作成を行っており、2006年度(平成18年度)よりカリキュラム開発専攻、2007年度(平成19年度)より学校教育専攻、教科教育専攻へと、順次Breezeによるインターネット型授業の適用範囲を拡大していく計画だ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
研究現場から見たAI
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
内製化とユーザー体験の関係
米ZDNet編集長Larryの独り言
今週の明言
「プロジェクトマネジメント」の解き方
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
セキュリティ
セキュリティの論点
ネットワークセキュリティ
スペシャル
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
CSIRT座談会--バンダイナムコや大成建設、DeNAに聞く
創造的破壊を--次世代SIer座談会
企業決算を追う
「SD-WAN」の現在
展望2017
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
PTC LiveWorx
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
さとうなおきの「週刊Azureなう」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
中国ビジネス四方山話
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
実践ビッグデータ
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化