編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

マクニカ、「Trapeze Mobility System」で検疫ネットワークを利用可能に

ニューズフロント

2006-04-11 15:46

 マクニカネットワークスは4月11日、認証機能付き無線LANシステムの最新版「Trapeze Mobility System 4.2」で、無線LAN端末向け検疫ネットワーク機能を提供すると発表した。最新版は、2006年6月末に出荷を開始する予定。

 Trapeze Mobility Systemは、米Trapeze Networksの無線LANシステム。無線LANスイッチ「Trapeze MXシリーズ」とアクセスポイント「Trapeze MPシリーズ」、統合管理ツール「Trapeze RingMaster」で構成されている。バージョン4.2は、無線LAN端末の健全性を確認する機能や、ゲスト向けインターネット接続サービスで社内ネットワークに接続しないシステム構成を可能とするDMZトンネリング機能など、新機能を提供する。

 さらに、米Symantecのセキュリティソフト「Sygate On-Demand 2.5」と連携し、無線LAN端末に対応可能な検疫ネットワークを実現できる。これにより、無線LANスイッチで認証された無線LAN端末は、Sygate On-Demandによる健全性チェックを受け、問題がないことが確認されて、初めてアクセスを許可される。マクニカは「セキュリティパッチやウイルス定義ファイルの適応状況など、さまざまなポリシーに準じた健全性チェックを実施できるので、業務ネットワークの保護が可能」と説明する。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]