編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

住商情報システム、Winny検出・通信遮断ツールを無償で提供

吉澤亨史

2006-04-11 18:34

 住商情報システムは4月11日、米eEye Digital Security製のWinny検出・通信遮断ツール「eEye Winny Scanner」および「eEye Winny Monitor」日本語版を住商情報システムのウェブサイトで無償提供すると発表した。

 今回のツール無償提供は、Winnyウイルス感染が原因で数多くの企業や政府機関から重要情報の流出が相次いでいることを受けたもので、安全な企業ネットワーク維持の援助を目的としている。ツールはeEyeのネットワーク脆弱性検査ツール「Retina」の技術が生かされており、eEye Winny ScannerはリモートからWinnyが動作しているホストを検出でき、eEye Winny Monitorはネットワーク内に流れる暗号化されたWinny2パケットをリアルタイムに解読し、初期鍵送信パケットを検出する。

 eEye Winny Monitorはまた、検出された初期鍵送信パケットからWinnyノードを特定し、TCP接続をリセットすることが可能になっている。このため、管理対象のネットワーク内に流れるWinnyトラフィックを強制的に遮断できる。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]