編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

インテンシア、第3世代ビジネスアプリ「Movex」の開発計画を発表

CNET Japan Staff

2006-04-12 18:49

 Intentiaは4月10日、第3世代となる同社のビジネスアプリケーション「Movex3」の開発計画を発表した。すでに一部顧客がベータ版の試験運用を行っている。

 Movex3は、SOA(サービス指向アーキテクチャ)/Webサービスベースの中規模企業向けパッケージ。同製品のSOAイネーブラーには「ADA(アクティブ・ドキュメント・アダプタ)」というコードネームが付けられており、Movex3アプリケーションはSOAベースのWebサービスやアプリケーションとシームレスに連携できる。

 ビジネス・ロジック・レベルで相互運用を実行できるため、ビジネスプロセスや関連付けを変更できることが特長。ユーザーインターフェースのデザインは、初期Macintoshのデザインで定評のあるフロッグ・デザインが担当する。

 またインテンシアは同日、同社がターゲットする業界で年間売上が2億ドル未満の企業を対象とする短期導入テンプレート「クイックステップソリューション」を発表した。食品/飲料業界向けのクイックステップを6月までに市場投入し、2006年の後半にファッション、流通、および設備保全業務用ソリューションがリリースされる予定だ。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]