編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

AOC、トリノオリンピックでシトリックスのリモートアクセスソリューションを採用

CNET Japan Staff

2006-04-13 15:53

 シトリックス・システムズ・ジャパンは4月12日、オーストラリアオリンピック協会(Australian Olympics Committee:AOC)が、シトリックスのソリューションを活用した事例を公表した。AOCは、2006年にトリノで開催された第20回オリンピック冬季競技大会で「Citrix Presentation Server」および「Citrix Access Gateway」を採用し、アプリケーションやデータへのセキュアで高速なリモートアクセスを実現している。

 2004年のアテネオリンピックでAOCは、リモートアクセス環境の構築にVPNを採用した。しかし、VPNでリモートからアクセスするには面倒なプロセスが必要で、またシドニーにあるスタッフのデスクトップPCをサーバにログオンした状態でなければリモートからアクセスできなかった。シドニーのネットワーク環境は不安定で、ネットワークが落ちればシドニーにいる職員に連絡を取って自分のデスクトップPCをネットワークに再接続する必要があった。

 そこでAOCは、アプリケーションを仮想化するCitrix Presentation Serverと、SSL VPNアプライアンス製品のCitrix Access Gatewayを採用。これらを組み合わせて使うことで、社外のネットワークからもAOCのサーバにセキュアにアクセスできる環境を実現している。

 また、シトリックス独自の通信プロトコル「ICA(Independent Computing Architecture)」により、低帯域でアクセスが可能になり、高速回線が望めない環境下でのパフォーマンスが改善され、大会期間中もオーストラリアのサーバにストレスなくアクセスできたとしている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]