編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

デル、「Windows Server 2003 R2」プリインストールのPowerEdgeを提供開始

WebBCN (BCN)

2006-04-14 10:58

 デル(ジム・メリット社長)は、IAサーバー「PowerEdge(パワーエッジ)」シリーズに、マイクロソフトの最新サーバーOS「Microsoft Windows Server 2003 R2(R2)」をプリインストールしたモデルの販売を開始し、4月18日から 出荷開始すると発表した。

 デルは、R2のStandard EditionとEnterprise Editionのプリインストールモ デルは、「PowerEdge」サーバーの全モデルで提供する。価格は、従来の「Windows Server 2003 SP1(SP1)」搭載モデルと同じで、エントリークラスの「PowerEdge SC430」の場合で最小構成価格が12万4425円から。

 同社ではR2をプリインストールしたPowerEdgeサーバーをSP1の機能相当とし た状態で出荷し、ユーザーが選択することでR2の機能を有効にできるようにし た。また、「Microsoft SQL Server 2005」や「Dell TapeBackup Software for Symantec Backup Exec」の同梱/プリインストールモデルなどでもR2をプリインストールして出荷する。さらに、同社のサーバー管理ソフト「OpenManage」も「R2」に対応した4.5.1にアップグレードする。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]