編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

富士通SSLとFST、RSS未対応サイトのRSSを自動生成するソフト2種類を発表

ニューズフロント

2006-04-17 21:22

 富士通ソーシアルサイエンスラボラトリ(富士通SSL)と富士通ソフトウェアテクノロジーズ(FST)は4月17日、RSS未対応のウェブサイトでRSSを自動生成するソフト「Shunreader RSS Enterpriseシステム」と、メール、データベース、ウェブサイトの既存コンテンツからRSSを自動生成するソフト「Shunreader RSS配信管理システム」を発表した。

 両ソフトは、ニフティのインターネットサービス「@nifty」と富士通社内で使用したRSSシステムをもとに、富士通SSLとFSTが製品化した。Shunreader RSS Enterpriseシステムは、富士通研究所の技術「タイムパターン抽出とHTML構造解析」を採用し、RSSに対応していないウェブサイトでもRSSフィードを自動生成できる。

 一方、Shunreader RSS配信管理システムは、メール、データベース、ウェブサイトの既存コンテンツからRSSフィードを自動生成するソフト。RSSのマージや編集などの加工、エラーチェック、配信スケジューリング、承認プロセス設定などの機能も備える。

 税別価格は、Shunreader RSS Enterpriseシステムが200万円(出荷開始は4月20日)、Shunreader RSS配信管理システムが100万円(6月末日)。富士通SSLとFSTは、両ソフトで構成する「Shunreader RSSファミリー」の販売拡大に共同で取り組む。今後2年間で、200本の販売を見込む。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]