カブドットコム証券、福岡に第2システムセンター開設--災害やテロへの対策強化

ニューズフロント 2006年04月18日 00時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 カブドットコム証券は4月17日、自然災害やサイバーテロなどの対策として、福岡県に新たなシステムセンターを開設したと発表した。今後3年間で50億円程度を投資し、順次設備を増強する。また新センターを中心として、福岡に第2の事業拠点を置くとしている。

 カブドットコムによると、福岡は東京から約1000kmの距離があり、広域災害が起きても同時に被災するおそれが少なく、平時の交通の便がよいといった利点がある。またIT企業が多く、アジア各国との連絡性にも優れ、比較的人材の調達が容易という。

 新センターは、九州電力のグループ会社キューデンインフォコムのインターネットデータセンター(IDC)サービスを採用する。

 同IDCは、2005年3月の福岡西方沖地震でも被害を受けずに継続運転した実績がある。また福岡県の運用する伝送速度2.4Gbpsの光回線「ふくおかギガビットハイウェイ(FGH)」をはじめ、九州電力などが運用する大容量光海底ケーブル「日韓ケーブルネットワーク(KJCN)」、カブドットコムがインターネット接続に利用するインターネットイニシアティブ(IIJ)の福岡アクセスポイントとの接続性にも優れるという。

 カブドットコムはすでに大阪にシステム復旧用の拠点を持っており、1日ごとに東京のシステムセンターのデータをバックアップしている。福岡のシステムセンターでは、オンライン証券取引サービスの継続的運用やシステムの即時復旧などを目指す。そのため東京〜福岡間でデータを同期し、災害発生5分前までのデータを、災害発生の30分後までに復旧することを指標にしている。なお、災害復旧基盤には伊藤忠テクノサイエンス、日本ヒューレット・パッカード、シスコシステムズの3社が提供するオープン系システムを採用する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウドコンピューティング

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
研究現場から見たAI
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
内製化とユーザー体験の関係
米ZDNet編集長Larryの独り言
今週の明言
「プロジェクトマネジメント」の解き方
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
セキュリティ
セキュリティの論点
ネットワークセキュリティ
スペシャル
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
CSIRT座談会--バンダイナムコや大成建設、DeNAに聞く
創造的破壊を--次世代SIer座談会
企業決算を追う
「SD-WAN」の現在
展望2017
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
PTC LiveWorx
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
さとうなおきの「週刊Azureなう」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
中国ビジネス四方山話
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
実践ビッグデータ
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化