成功の秘訣はスマートさ、タイミング、図太さ

文:Jon Oltsik 翻訳校正:坂和敏(編集部) 2006年04月18日 14時09分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

 その昔、コンピュータがビジネスに利用され始めた頃には、プログラミングは、0と1がハードウェアに直接話しかけるマシンレベルで行われていた。

 つまり、まったく同じコンピュータは2台となく、コンピュータをビジネスに利用できるのは特別な人たちだけであり、その数は非常に限られていた。

 IBMは、システムの柔軟性とカスタマイズ性が、コンピュータ市場全体における規模拡大に関して実際に足かせとなっているという結論に達した。そこで同社は1960年代前半に、野心的で極めてリスクの高いあるプロジェクトを開始した。この中では、限られたプログラミングの選択肢の数を減らし、それを汎用的な演算形式をサポートする1つの標準プログラムにまとめるという取り組みが行われた。

 その結果誕生したのが1964年に発表された「System/360」である。IBMがこの賭けに勝った報酬を今でも受け取り続けていることは、言うまでもない。System/360は、いまでもIBMに毎年膨大な額の売上をもたらしている現代のメインフレームの高祖父的な存在である。また、同システムによってオペレーティングシステムとソフトウェア開発における近代的な時代が幕を開けた。

 この歴史上のサクセスストーリーを、セキュリティ市場における比較的新しい現象に例えてみたい。こういった市場では、数多くの高機能セキュリティツールが改善され、汎用的な機能のみが提供されるようになってきている。このような新製品の多くは、System/360と同様、先進のセキュリティツールを普及させる上で必要となるものだ。

 製品の例をいくつか挙げることで、この点を説明したい。

 RSAはエンタープライズ市場において大きな成功を収めているものの、同社の製品はこれまでずっと規模の小さな企業にとっては高機能すぎると見なされてきた。そこでRSAは2005年に、「RSA SecurID Appliance」という、広く普及したMicrosoftの「Active Directory」インフラにプラグイン可能な、ハードウェアとソフトウェアを一体化したソリューションを発表した。RSAによれば、この製品は発売から間もないが、すでに飛ぶように売れているという。

 IBMは過去の戦略に立ち返り、2006年3月に「Tivoli Identity Manager Express」製品を発表した。同製品の目指すところはSystem/360と同じだ。いくつかの複雑な機能を取り去り、関連するパーツ(例えばウェブアプリケーションサーバ、データベースなど)を一体化して1つの製品とした上で、インストールおよび運用を極限まで簡素化したのだ。IBMのパートナー企業は、実績のある製品によって市場を大きく拡大できる可能性があるとして同製品を歓迎している。

 こういった製品を、誰でも使えるように機能を削減したものでしかないと表現する人もいるが、私は80対20の法則に則ったものと表現する方が適していると考えている。Microsoft Wordについて考えてみてほしい。われわれは皆、このソフトウェアを使っているが、そのうちのいったい何人がデスクトップパブリッシング用の高度な機能を必要としているのだろうか。

 これまでの数々の研究で明らかになっているように、われわれの80%は、提供されている機能の20%しか使っていない。高機能製品に80対20の製品モデルを適用することで、大衆がそれを容易に利用できるようになる。では、エンタープライズアプリケーションのベンダー各社はなぜ企業専用の付加機能を製品から削ぎ落とさないのだろうか。

 ベンチャーキャピタルに後押しされた新興企業は、100万ドル単位の契約を競い、投資家に利益を還元するために、エンタープライズ市場に注力する傾向がある。しかし、そういった企業が自分たちの行っていることを理解する頃には、新規顧客を探しながら、一方では既存顧客をサポートできるよう、企業向けの新たな機能を追加するという困難に立ち向かう羽目に陥っていることが頻繁にある。言い換えれば、彼らは複雑な製品でビジネスを始め、その後その製品をさらに複雑にしていくということだ。

 また、エンタープライズ市場に注力するベンダーは、高給取りの営業とエンジニアリングに投資する傾向がある。このやり方は、高価なソフトウェアでは正しいが、80対20の法則に則った製品には適切な流通モデルが必要だ。(高給取りの営業とエンジニアリングの)双方への投資を継続することは難しい。

 最後に、もしもあなたが持てる時間のすべてを金持ち連中と過ごしているのであれば、一般的な人々のニーズを知るのは大変なことであるはずだ。設計の前提を誤れば、数多くのハイテク製品が失敗に終わる。

 IBMとRSA Securityは、この変わり身の早い戦略を成功させるだけの規模とリソースを持ち合わせているが、これは確かに大変難しいことだ。業界の他の企業は彼らに追随するのか。現時点ではこの疑問に答えるのは難しい。多くの技術ベンダーは優秀なプログラマーを抱え、適切なビジネスモデルを持っているが、そういったことに成功するために必要なスマートさ、タイミング、図太さを備えた企業はほとんどない。

筆者略歴
Jon Oltsik
Enterprise Strategy Groupのシニアアナリスト

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SpecialPR

連載

CIO
教育IT“本格始動”
月刊 Windows 10移行の心・技・体
ITアナリストが知る日本企業の「ITの盲点」
シェアリングエコノミーの衝撃
デジタル“失敗学”
コンサルティング現場のカラクリ
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「展望2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
セキュリティインシデント対応の現場
エンドポイントセキュリティの4つの「基礎」
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
ネットワークセキュリティの要諦
セキュリティの論点
スペシャル
エンタープライズAIの隆盛
インシュアテックで変わる保険業界
顧客は勝手に育たない--MAツール導入の心得
「ひとり情シス」の本当のところ
ざっくり解決!SNS担当者お悩み相談室
生産性向上に効くビジネスITツール最前線
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft Inspire
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell Technologies World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
吉田行男「より賢く活用するためのOSS最新動向」
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
日本株展望
企業決算
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]