編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

アスキーソリューションズ、LAN接続のみでPC検疫システムを構築できる装置

WebBCN (BCN)

2006-04-19 10:56

 アスキーソリューションズ(田北幸治社長)は、富士通ソフトウェアテクノ ロジーズ(平木社長秀)と共同開発したPC検疫装置「iBricks(アイブリック ス) PC検疫装置」とPC遮断装置「iBricks PC遮断装置」を発売した。4月27日 から出荷を開始する。

 「iBricks PC遮断装置」は、未承認のPCやセキュリティが不十分なPCの接続 を拒否し、ネットワークに接続されたマシンや情報の安全を守る装置。ソフト とハードをセットで専用装置化することで容易に設置・設定できるようにした。

 既存のネットワーク構成を変えることなく導入でき、LANのセグメントごと に設置するだけで、未承認のPCの接続を拒否できるのが特徴。PCのウィルスチ ェックデータやWindowsアップデートが最新であるかをチェックし、最新でな ければ接続を拒否する。さらに、治癒サーバーを設置することで、最新アップ デートを行ってから接続を開始できる。6月からは、Winnyなど不適切なソフト が稼動しているPCの接続拒否にも対応する予定。装置はセグメントごとに段階 的に導入することが可能で、セグメント内で最大200台を管理できる。

 「iBricks PC遮断装置」は、「iBricks PC検疫装置」から遮断機能を独立さ せたもの。未承認PCの接続拒否機能のみ備える。

価格はともにオープン。発売記念として、Web直販のアスキーソリューション ズ・オンラインショップでは、「iBricks PC検疫装置」を5台限定で102万9000 円で販売する。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]