編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

日本IBMとIBCS、SOA導入の全局面に対応したサービスを一括提供

ニューズフロント

2006-04-20 18:48

 日本IBMとアイ・ビー・エムビジネスコンサルティングサービス(IBCS)は4月20日、サービス指向アーキテクチャ(SOA)のコンサルティングから、設計、システム構築および運用までのサービスをメニュー化した「SOAサービスオファリング」を発表した。

 SOAサービスオファリングは、すでに提供している構想策定および基本設計を対象としたサービスに加え、実装(システム構築)、運用という「(SOA導入に関する)4つの局面すべてに対応したサービスを提供する」(両社)。サービスは局面ごとにメニュー化しており、顧客のSOAプロジェクトの状況に応じ、必要な支援サービスだけを選択できる。各サービスメニューの概要は以下のとおり。

  • SOA対応ビジネス支援サービス:SOA効果アセスメント、基本構想策定支援、SOAガバナンス策定支援などを通じ、コンサルティングする
  • SOA対応設計サービス:サービス基本設計、インフラ基本設計、ロードマップ策定などにより、ビジネスおよびITシステム基盤の設計を支援する
  • SOA対応実装サービス:各サービスのコンポーネントを開発する
  • SOA対応運用サービス:サービス監視、サービスセキュリティ、サービスパフォーマンス管理など、システムのサービスレベルを監視する

 両社では、「全局面のサービスを継ぎ目なく提供できるため、迅速かつ一貫した方針でのSOA導入が可能になる」としている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]