編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

イーシステム、Linux管理アプライアンスの米Levantaと代理店契約を締結

CNET Japan Staff

2006-04-21 11:48

 Levantaとイーシステムは4月20日、日本における販売代理店契約を締結したことを発表した。この契約でイーシステムは、Linuxサーバのシステム運用業務を効率化するLinux管理アプライアンス「Levanta Intrepid M」を同日より日本市場に投入する。

 Intrepid Mは、変更管理とデータ仮想化技術を融合し、サーバのプロビジョニング、アプリケーションやパッチの実装、リカバリや変更管理などを簡易かつ確実に行える豊富な機能を搭載し、Linuxシステムの管理業務を効率化できるアプライアンス。数千台規模のシステムで、従来8時間を要していた管理業務を5分間に短縮した例もあるという。

 イーシステムは、初年度100ユニットのIntrepid Mの販売を目指す。価格は380万円より。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]