編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

NECなど、EPCglobal UHF Gen2準拠のRFIDリーダーライターを販売開始

ニューズフロント

2006-04-21 17:43

 NECとNECトーキンは4月21日、無線ICタグ(RFID)向け仕様であるEPCglobal UHF Generation2(Gen2)に準拠したUHF帯RFIDリーダライタの販売活動を開始した。2006年1月25日に改正された国内電波法にも対応するもので、NECトーキンと米Impinjが共同で開発した。

060421necrfid.jpg UHF帯リーダライタ製品イメージ

 EPCglobal UHF Gen2は、RFIDに関する国際的な標準化団体である、EPCglobalの策定したUHF帯RFID向け通信規格。UHF帯RFIDは、通信距離が最大6mと長く広い範囲で通信可能なことから、製造や物流を中心としたサプライチェーンの効率化につながるとされている。米国では、すでに大手流通業者などがUHF帯RFIDを導入している。

 NECは、今後EPCglobal仕様準拠のRFIDミドルウェア「RFID Manager」との連携機能を強化し、UHF帯RFID対応ソリューションの開発を積極的に進める。

 2006年9月までに出荷を開始する。NECとNECトーキンでは、今後3年間に関連事業で150億円の販売を見込んでいる。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]