編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

三菱東京UFJ銀行、法人顧客向けサービス「BizSTATION」に「Adobe PDF」を採用

CNET Japan Staff

2006-04-26 18:05

 アドビシステムズは4月26日、三菱東京UFJ銀行が2006年3月より運用を開始した法人顧客向けウェブバンキングサービス「BizSTATION」におけるサポートツール「SmartDocuments輸入版」に、アドビのサーバ製品「Adobe LiveCycle Reader Extensions」を含む、Adobe PDFサーバソリューションが採用されたことを発表した。

 SmartDocumentsは、これまで顧客が紙で作成作業を行っていた輸出入取引に関わる外為依頼書を、Adobe PDF形式の電子フォームを使用して、PC上で作成を可能にするサービス。紙で行っていた作業を電子文書化できるだけでなく、BizSTATIONを介したデータ取込みなどが可能になる。

 三菱東京UFJ銀行では、2005年5月より提供しているAdobe PDFサーバソリューションを採用した「SmartDocuments輸出版」が顧客より高い評価されていることから全面採用を決定。適用業務範囲を輸入取引に拡大した。すでにBizSTATIONを利用している顧客の約9割がSmartDocuments輸出版を利用しているという。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]