編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

独立行政法人製品評価技術基盤機構、シマンテックのスパム対策アプライアンスを採用

CNET Japan Staff

2004-04-26 18:27

 シマンテックは4月26日、同社の提供するスパムメール対策アプライアンス「Symantec Mail Security 8200シリーズ」が、独立行政法人製品評価技術基盤機構(National Institute of Technology and Evaluation:NITE)に採用されたことを発表した。

 同製品は、マルチレイヤフィルタリングを搭載したスパム対策、ウイルス対策およびメールファイアウォールを実装したアプライアンス。NITEは、職員のスパムメール処理にかかる時間を削減することで、生産性を向上させ、職場内の業務効率を向上させている。

 NITEは、すでにメールフィルタリングソフトを導入済みだったが、送信者のドメインを詐称するスパムメールなどはスパムと判定されず、ゲートウェイを通過してしまっていた。このため情報システム室は、明らかにスパムメールと判断できるメールドメインのブラックリストへの追加や誤判定の確認など、メール用のスパムフィルタの適用作業に忙殺されていた。

 この問題を改善し、さらに今後のフィッシング詐欺や情報流出への対策を考慮し、3カ月をかけて3社のスパム対策製品を試験的に運用。その結果、スパムメール検出の精度、導入コスト、サポート体制の3つを評価してSymantec Mail Security 8200シリーズの採用を決定している。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]