編集部からのお知らせ
New! 記事まとめ「ISMAP-LIU」
話題の記事まとめ「通信障害と社会リスク」

EMCジャパン、ディスクライブラリ「CDL」の機能拡張と新エントリモデルを発表

ニューズフロント

2006-04-27 15:35

 EMCジャパンは4月27日、ディスクベースのバックアップ/リカバリ製品ファミリ「EMC CLARiX Disk Library(CDL)」の機能拡張と、新エントリモデル「CLARiX DL210」を発表した。機能拡張版CDLは、2006年6月以降に利用可能とする。CLARiX DL210は同日より販売する。

 機能拡張版のCDLは、バックアップ/リカバリソフト「EMC NetWorker 7.3」を統合し、メディア管理機能を向上させる。物理的なテープ資産と仮想テープ資産の両方について共通管理プラットフォームを構築できることから、EMCジャパンは「主要なSAN内や、遠距離間のバックアップ作業において、仮想テープおよび物理テープ間の全データのトラッキングと管理が容易になる」としている。さらに、新たなCDLには、確実にデータを削除する「シュレッダ機能」も搭載する予定だ。

 一方、CLARiX DL210は、中小企業や支店/部門向けのエントリモデル。記憶容量500GバイトのシリアルATAハードディスクを採用し、合計で4テラバイトから24テラバイトの容量に対応する。主なテープライブラリ、テープドライブ、テープメディアのエミュレーションの実行が可能なため、既存環境への導入が容易。「既存の作業手順またはバックアップインフラを変更することなく、ディスクベースのバックアップ/リストアが実行できる」(EMCジャパン)。税込み価格は650万円からとなる。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    SASEのすべてを1冊で理解、ユースケース、ネットワーキング機能、セキュリティ機能、10の利点

  2. 運用管理

    ノーツを蘇らせた老舗メーカーの取り組み―Nomadの活用で働き方が変わり生産性・従業員満足度が向上

  3. 経営

    二人の先駆者が語る経営×IT--デジタル活用・DX推進のリーダーが握る企業競争力

  4. 経営

    3人の識者による金言・アドバイス--時代に負けない骨太な組織作りへの道

  5. コミュニケーション

    日本企業が利用する代表的なグループウェアを徹底比較―グループウェア選定のポイントとは?

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]