編集部からのお知らせ
「半導体動向」記事まとめ
「リスキリング」に関する記事まとめ

IBMサーバ担当幹部、Opteron製品ラインの拡大に関心 - (page 2)

文:Stephen Shankland(CNET News.com) 翻訳校正:尾本香里(編集部)

2006-05-01 13:00

 サーバメーカーにとってはOpteronシステムの方がコスト的に優位だと、Zeitler氏は語る。

 「HPのここ数四半期分の決算を見れば分かるが、同社の好決算は出荷増によるものではない。サーバ1台あたりの平均売上が増えているのだ。これもAMDチップを搭載したシステムの取り扱いが以前より増えたからだ」(Zeitler氏)

 IBMにおいてもOpteronを搭載したブレードサーバで同じ現象が見られると、同氏は付け加えた。「われわれのところでも、AMD製品を搭載したブレードの方が、1台あたりの平均売上が同レベルのIntel版ブレードより高い。これは(AMD製品を搭載した方が)これは、パフォーマンスが高いためだ。パフォーマンスが良いことから、I/O関連やメモリなどの各種部品の追加も多い」(Zeitler氏)

 Opteronに力を入れようとするIBMの姿勢は、同社のブランディングにも現れている。同社はこれまで、IntelサーバをxSeriesのブランド名で呼ぶ一方で、Opteronマシンには、さほど力を入れていないeServerのカテゴリに分類されていた。だがIBMは、HPがOpteronとXeonの両モデルをProLiantブランドで販売しているのと同じように、両方にSystem Xのブランド名を与えるようになった。

 「両方ともSystem Xの名を冠するようになった」(Zeitler氏)

 IBMは、4〜32基のプロセッサを搭載可能なX3アーキテクチャに基づくXeonサーバの製品ラインと、市場をリードするBladeCenterマシンに満足している。「われわれは技術的に好位置につけている。だが、市場の期待には応えていくいことも重要だ」(Zeitler氏)

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 開発

    なぜ、コンテナー技術を使うことで、ビジネスチャンスを逃さないアプリ開発が可能になるのか?

  2. セキュリティ

    2022年、セキュリティトレンドと最新テクノロジーについて、リーダーが知っておくべきこと

  3. ビジネスアプリケーション

    全国1,800人のアンケートから見えてきた、日本企業におけるデータ活用の現実と課題に迫る

  4. 運用管理

    データドリブン企業への変革を支える4要素と「AI・データ活用の民主化」に欠かせないテクノロジー

  5. 経営

    テレワーク化が浮き彫りにしたリソース管理の重要性、JALのPCセットアップを支えたソフトウエア

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]