編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

SAPとMS、共同開発製品を「Duet」に名称変更--テストプログラムをまもなく拡大へ

文:Martin LaMonica(CNET News.com) 翻訳校正:河部恭紀、尾本香里(編集部)

2006-05-08 21:21

 SAPとMicrosoftは米国時間5月4日、両社主要製品の連携を強化するための共同プロジェクトの新名称「Duet」を発表した。

 SAPとMicrosoftは1年前、「Microsoft Office」経由でSAP製アプリケーションを利用するためのアプリケーションである「Project Mendocino」を発表している。同ソフトウェアは、Duetと名称変更され、計画通りに6月に利用可能となる、と両社では述べている。

 MicrosoftとSAPは2006年、同プログラムを共同でマーケティング、販売、サポートする予定だ。この取り組みには、6月から開催される顧客向けの状況説明イベントが含まれる。また、両社は情報ウェブサイトとしてDuet.comも開設した。

 Mendocinoは2005年12月以来テストされ、Microsoftの電子メールクライアントOutlookからSAPの業務システムにある詳細な予算データを閲覧するなどの作業が検証されている。

 SAPの製品および技術グループ社長兼執行役員Shai Agassi氏は米国時間5月2日、テストプログラムを顧客およびパートナー約100名に今週拡大すると電話会見で述べた。

 両社は、2種類の「バリューパック」を2006年後半にリリースし、SAP製品の機能とデータをOfficeアプリケーションから扱えるようにする予定だ。

 同製品には、分析や採用などの5つのプロセス(作業)向けに、OfficeとSAP製CRMおよびSCMアプリケーションとのリンクが含まれる。

 Duetのアドオンが対応するのは、2007年にリリース予定のMicrosoft Officeと次バージョンの「MySAP ERP」となる。Agassi氏によると、アプリケーションの統合には、XMLベースのユーザーインターフェースデザイン言語であるXAMLが使用されているという。

 Duetの主な販売先は既存顧客になるだろうと、Enterprise Applications Consultingの主席アナリストJoshua Greenbaum氏は述べている。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。 海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]