「セキュリティ2.0で安全なオンライン社会を」--シマンテックの次世代セキュリティ戦略

藤本京子(編集部) 2006年05月11日 19時15分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 米国サンフランシスコにて開催中の「Symantec VISION 2006」3日目となる5月10日、基調講演に立ったSymantecのコンシューマー製品兼ソリューション担当シニアバイスプレジデント Enrique Salem氏は、同社の提唱する次世代のセキュリティコンセプト「Security 2.0」について語った。

 Security 2.0は、Symantecが製品やサービスの方向性として打ち出した新たなコンセプトだ。「Security 2.0によってユーザーは、システムやデータの安全性はもちろん、オンライン取引における信頼性や利便性、検索結果でのサイトの安全性確認、ID保護などが可能となる」とSalem氏は述べた。

PHOTO Security 2.0について説明するSymantecのEnrique Salem氏

 その一環としてSymantecは、Security 2.0をウェブ上のポータルとして展開する予定だ。ポータルの機能の一例としてSalem氏は、ウェブ検索を実行した際に、検索結果のリンク先が安全なサイトかどうかを表示する機能を披露した。

 このポータルサイトにアクセスする際には、二重認証で安全性を確保する。いったんこのポータル内に入れば、安全な環境でさまざまなサービスに簡単にアクセスできるよう、例えばECサイトやオンラインバンクなどと提携し、提携先のサイトには認証プロセスなしでアクセスできるようにするといったサービスも予定している。ただし、ポータルサイトの具体的な提供時期などは明らかにしていない。

 Salem氏は、「ある調査では、ネット上で個人情報を入力することを恐れているユーザーが53%、オンラインバンキングで入金することを止めたユーザーが14%という結果がでている。これではオンライン取引の市場が縮小してしまう」と警告した上で、「Security 2.0では、BtoB、BtoC、CtoCなどのすべてのオンライン取引が安全に行われるようになる」と述べた。

 Security 2.0のコンセプトの元で最初に製品化されるのは、2006年9月に発表予定のセキュリティソフト「Voyager」(コードネーム)だ。Voyagerは、オンラインでのトランザクション管理を行うソフトで、パスワードの安全性確認や、危険なサイトにアクセスしようとすると警告を与える機能などがついている。

 Voyagerのデモでは、万が一悪意を持ったハッカーにPC上の動きが丸見えになってしまう「クライムウェア」がインストールされてしまった場合も、ECサイトのレジなど重要な取引が行われる場面になるとハッカーからは何も見えなくなってしまう機能が紹介された。

 Salem氏はVoyagerの特徴として、「サイトの安全性を確認するウェブプロテクションやクライムウェアからのプロテクション、そしてパスワードなどの機密情報の管理が容易になる」と説明した。

 Security 2.0の製品第2弾も年内には発表が予定されている。それは、夏にベータ版が登場する予定の「Genesis」(コードネーム)だ。Salem氏はGenesisを「次世代のPC向けセキュリティ製品」と位置づけている。具体的には、現在同社が提供している「Norton Internet Security」のように、ウイルスやスパイウェアなどからシステムを守る機能はもちろんのこと、デジタルコンテンツを安全に保管して検索できるメディアプロテクション機能、Voyagerの要素を取り込んだトランザクションプロテクション機能、そしてPCのパフォーマンスを最適化する機能などが提供される。「これほど広範囲に渡る機能をひとつの製品で提供するのははじめてだ」とSalem氏は言う。

 Genesisは、パッケージ製品としてCDでも入手可能だが、基本的にはサービスとして提供される予定だ。ソフトウェアのアップデートなどはすべてインターネットを通じて提供される。

 Salem氏は、「脅威の範囲が常に変化していることを把握しなくてはならない。昔、ハッカーは自分の腕自慢のためにハッキングしていただけだったのが、今ではハッカーの目的も悪意を持った金銭狙いの攻撃が中心となっている。だからといってインターネットの使用を止めるわけにはいかない」と話す。同氏は続けて、「オンライン取引の安全性を確保するのが、業界リーダーでもあるSymantecの役目。それをSecurity 2.0で実現したい」と述べた。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
ITアナリストが知る日本企業の「ITの盲点」
シェアリングエコノミーの衝撃
デジタル“失敗学”
コンサルティング現場のカラクリ
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「展望2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
エンドポイントセキュリティの4つの「基礎」
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
ネットワークセキュリティの要諦
セキュリティの論点
スペシャル
エンタープライズAIの隆盛
インシュアテックで変わる保険業界
顧客は勝手に育たない--MAツール導入の心得
「ひとり情シス」の本当のところ
ざっくり解決!SNS担当者お悩み相談室
生産性向上に効くビジネスITツール最前線
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell Technologies World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
吉田行男「より賢く活用するためのOSS最新動向」
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
日本株展望
企業決算
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]